Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Sponsored links
日本野菜ソムリエ協会
えのきキャンペーン
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
出雲大社〜島根ワイナリー



1月の島根出張の続きです。

最終日、少しだけ出雲大社に寄りました。

現在、大規模に改装中のため、あまり見ることのできない部分も多々ありましたが、初めて見た出雲大社は圧巻でした。



出雲他社で癒された後…



島根ワイナリーを訪問しました。

平日にも関わらず、お客さんは多かったです。



無料試飲コーナーでは、約10種類ほど試飲をすることができました。



有料試飲は約20種類。

どちらかというと、やはり有料のほうが美味しいものは多かったです。



ちょうど昼食時だったので、こちらの施設内でお昼をいただきました。

「バーベキューハウス シャトー弥山」です。



私は「和牛・豚肉定食」1365円をいただきました♪

ドリンクが付いていて、勿論ワインも選ぶことができます♪





昼からあまり肉は食べないのですが、たまに食べると美味しいですね♪

-----------

●島根ワイナリー
http://www.shimane-winery.jp/index.html

ランキング始めました♪

posted by: 白木浩二 | ワイン | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【祝】 寺井剛史さん、技能グランプリ第三位!

日頃からお付き合いのあるシニアワインソムリエ・寺井剛史さんが先日行われました『技能グランプリ』の「レストランサービス部門」で

見事三位

になりました!
おめでとうございます!!

1位はトゥールダルジャンの方(鴨がスペシャリテのパリ本店伝統レストラン)、
2位は帝国ホテルの方、
3位が寺井さんともう一人東京の方

東京以外では寺井さんのみ入賞。

私は一年半〜2年くらい前から「よみうり文化サンター」で開講されている寺井さんの講座のお手伝いをさせていただいていますが、全国レベルのサービスをされる方のお手伝いができていることは光栄です。

シニアにもなって、技能グランプリで3位にもなるとは…。
あらためて凄い方だと思います。

私も頑張らなくては。

-------------------

●デリソムドットコム(寺井さんのHP)
http://derisomu.com/

●デリソムブログ(寺井さんのブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/delisomme

●プレゼントワインショップ
http://present-wine-shop.derisomu.com/

------------------

●第一回「野菜とワイン講座」
http://cozykoji.jugem.jp/?eid=474

●第一回「野菜とワイン講座」
http://cozykoji.jugem.jp/?eid=476

●第2回「野菜とワイン講座」
http://cozykoji.jugem.jp/?eid=507

●第2回「野菜とワイン講座」
http://cozykoji.jugem.jp/?eid=508

ランキング始めました♪

posted by: 白木浩二 | ワイン | 07:19 | comments(2) | trackbacks(0) |-
ワイン会



8月のワイン会です。

●Clos de la Bergerie Nicolas Joly 2005 (クロ・ド・ラ・ベルジュリー ニコラ・ジョリィ)
●SANCERRE 2007
●MACON La Roche Vineuse Chardonnay 2007



●'06 Barbera d'Arba
●'05 Barolo
●'02 Brunello di Montalcino "ll Paradiso"





●'03 Amarone della Valpolicella

ランキング始めました♪

posted by: 白木浩二 | ワイン | 00:27 | comments(6) | trackbacks(0) |-
ワイン会


7月のワイン会です。

アップが遅くなってすみません。。。



●'08 Sauvignon Blanc DELTA(ソーヴィニヨン・ブラン・デルタ)
●'06 Sauvignon Semillon Cape Mentelle(ソーヴィニヨン・セミヨン・ケープマンテル)
●'06 Vin de Table de France Marie-Cecil(ヴァン・ド・ターブル・マリーセシル)



●'07 Logan Pinot Noir(ローガン・ピノ・ノワール)
●'07 Mount Edward Pinot Noir(マウント・エドワード・ピノ・ノワール)
●'06 Spatburgunder"B"(シュペートブルグンダー"B")



 

ランキング始めました♪
posted by: 白木浩二 | ワイン | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ワイン会



随分前の話ですが、6月のワイン会の様子です。



この日のテーマは「ムルソー」。

「ムルソー」はフランス・ブルゴーニュ地域圏コート・ド・ボーヌ地区にある村。

赤もごくわずかに造っていますが、主力は白。

白は100%シャルドネのものが多いです。



●'06 Meursault (Coche-Bizouard)
●'07 Meursault (Janotsbos)
●'06 Meursault Le Cromin (Frederic Cossard)
●'05 Milleuve Rosso (Nicola Manferrari)
●HEDIARD BRUT ROSE
●'06 AMARONE DELLA VALPOLICELLA CLASSICO

若干ムルソーではないワインもありますが…(苦笑)。
その辺はスルーしてください。。。

ランキング始めました♪

posted by: 白木浩二 | ワイン | 02:19 | comments(2) | trackbacks(0) |-
マルク・テンペ ピノ・ノワール・アルテンブルグ2005



マルク・テンペ ピノ・ノワール・アルテンブルグ2005 :

●生産者:マルク・テンペ
●生産地:アルザス
●品種:ピノ・ノワール

マルク・テンペ氏は1996年からビオディナミ農法で栽培しています。
色は少し深みのある紅茶色で、少し果実の甘味も感じつつ、タバコのような香りも感じました。
口当たりもなめらかですが、しっかりとした味わいです。

ラベルもスタイリッシュで個人的には好きです。


ランキング始めました♪

posted by: 白木浩二 | ワイン | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ワイン会









毎月参加しているワイン会♪
今回は4月のときのワイン会です。

●'08 Vin d'Alsace (ヴァン・ダルザス) Domaine Marcel Deiss(マルセル・ダイス)
・地元ベルグハイムの各品種畑区画のブレンド。
・アルザスはフルーツを使った料理やフォアグラに合いました。

●'07 Muscat Vin d'Alsace Herrenweg de Turckheim(ミュスカ・ヴァン・ダルザス・ヘレンヴェルク・デュ・チュルクハイム) Domaine Zind Humbrecht(ツイント・ウンブレヒト)
・フランス人初のマスター・オブ・ワインの運営するワイナリー。
・ミュスカの香りというと、「マスカット」の香りが特徴的です。

●'06 Riesling Schlossberg(リースリング・シュロスベルグ) Domaine Weinback(ヴァインバック)
・リースリングの香りというと、「ガソリン」。
・これは還元香も少し感じました。還元香の特徴としましては、赤ワインならインクの香りや血の香り、鉄などの金属的な香り、若い白ワインなら石灰や火打石、ミネラルといった鉱物的な香り、亜硫酸が結合した還元臭は、大豆を湯がいたような香り、ゆで卵の黄身の香りや硫黄を感じさせる香りなどが挙げられます。

●'79 Chainti Classico(キャンティ・クラシコ) Domaine Costello di Volpaia(コステロ・ディ・ヴォルパイア)
・キャンティ・クラシコ協会の会長が運営するワイナリー。
・個人的には紹興酒?っぽさがありました。

●'01 Chanti Classico Le Baroncole(キャンティ・クラシコ・レ・バロンコレ) Domaine Giusto A Rentennano(サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ)
・メルロー100%で作る「リコルマ」、サンジョベーゼ100%の「ヘルカルロ」、といった現代的・先進的なワインを作るワイナリー。
・個人的には少しチョコレートっぽさ、渋さがありました。

●'06 Rosso di Montalcino(ロッソ・ディ・モンタルチーノ) Domaine Gianni Brunelli(ジャンニ・ブルネリ)
・バランスのとれたワイン。Brunello di Montalcinoのセカンド的なワイン。

●'03 CASTELLO DI POMINO POMINO VINSANTO(カステッロ・ディ・ポミーノ・ポミーノ・ヴィンサント)
・イタリア・トスカーナのフレスコバルディ社の白ワイン
個人的には今回のワインで一番でした。
・フォアグラのパテを食べると…
チョコ、ココア、ヘーゼルナッツにも似た味に変化します。これがマリアージュかぁ!と感じるほど、とても料理との相性が良かったです。


posted by: 白木浩二 | ワイン | 06:38 | comments(2) | trackbacks(0) |-
Crozes Hermitage Papillon 2007



Crozes Hermitage Papillon 2007 (クローズ・エルミタージュ・パピヨン):

北部ローヌのGilles Robin(ジル・ロバン)という比較的新しいドメーヌの赤ワイン。

なんとなく…ラベルで買ってしまいました(苦笑)。

価格は3000円前後。
品種はシラー種。

ビオロジックで栽培された若木をメインに使用されています。
現在では砂地のテロワールを持つシャシーからがメイン。葡萄樹が年をとると上級キュヴェへ回されるため、蝶のように巣立っていく様子をキュヴェ名にしたようです。

香りはカシス、プラム、スミレ、なめし皮、黒こしょうなど。
テイストは重厚な感じがありつつ、タンニンはしっかりしていますが、飲みやすかったです。

---------------

(ワイン用語の説明)

*ローヌ:
フランスのコート・デュ・ローヌ。コート・デュ・ローヌは北部と南部とではワインの種類が違います。
●北部ローヌ・・・シラー種から色も濃くタンニンも強く、よく長熟タイプの著名なワインが多いです。
●南部ローヌ・・・シラー、グルナッシュ、サンソーなど13種類の品種が認可され複数をブレンドしているワインです。

*エルミタージュ:
コート・デュ・ローヌの北部に位置する「エルミタージュ地区」のことです。
意味は「隠者の家」(隠れ家)。

*ドメーヌ:
自家栽培ブドウを中心とするワイナリーのことで、自社畑のブドウを使用しワインを生産しています。つまり、ブドウの栽培から発酵、ボトリングまで一貫して行うワイナリーのことです。
一部例外もありますが、基本的に小〜中規模で家族経営的な生産者が中心です。

*ビオワイン:
無農薬有機農法のブドウで造ったワインのことで、更にビオロジックワインとビオディナミワインに分けられます。

*ビオロジックワイン:
化学肥料や化学合成肥料などを使用しない生産者が無農薬で栽培した葡萄からできたワインで、自然環境に配慮して作られたワインです。
SO2(亜硫酸塩=酸化防止剤)は基本的に使用しません。

*ビオディナミワイン:
ビオロジックの取り組みに加え、1924年に人智学者のルドルフ・シュタイナーが説いた植物と天体の関連を体現した農法の生産者の葡萄から作られたワインのことをいいます。

*シャシー:
ローヌ河が造った水はけに優れた砂地の小高い丘のことです。

*テロワール:
味に映し出される産地と風土の特徴。ワインの持つ個性。日本語でピッタリくる言葉はなかなか見つからず、土壌、地層、風土などと捉えることもあります。

*キュヴェ:
葡萄を搾り始めた最初の段階で取れる果汁のことです。特別なロットのワインということもあります。

ランキング始めました♪

posted by: 白木浩二 | ワイン | 13:45 | comments(2) | trackbacks(0) |-
ワイン会




 

この日のワインリスト:

●Sydre Brut [Eric Bordelet] (1,260円)
シードル。

●Champagne Henri Giraud (5,560円)
日本ではあまり知られていない銘柄。
しかし、フランス・シャンパーニュ地方では高名な生産者で、トップレストランでもリストオンされているらしい。
個人的には結構好きでした。

●'06 Puligny-Montrachet [Domaine Leflaive] (10,560円)
白。南東地方に見事に開けた斜面に位置する村で、更にブルゴーニュでも地下水位が高いことから完熟が保証されているような場所である。(ウォーターストレスになりづらい)
これ、かなり美味しかったです!ただ、値段もイイですね。。。

●'04 Chateau Trotte Viellie [St.-Emilion] (3,200円)
赤。フィリップ・カスティージャ氏の手により目覚ましく品質が向上したといわれるサンテミリオンの特級。
サンテミリオンといえば、粘土質&石灰質土壌、そして味わいは気品のあるクリーンな透明感が特徴的です。
これも凄く美味しかったです。

●'02 Chateau Les Ormes de Pez [St.-Estephe] (3,650円)
赤。サンテステフ村でCh.ランシュバージュと同じくジャン・ミッシェル・カーズ氏が所有するシャトー。

●'98 Cheateu de Sales [Pomerol] (5,250円)
47.5haとポムロールでも最大の畑を所有するシャトー。
ブドウ畑は大半が砂質と砂礫が混ざった土壌。

ランキング始めました♪

posted by: 白木浩二 | ワイン | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-
サンテミリオン



SAINT-EMILION JEAN-PIERRE MOUEIX 2004:

個人買いのワインです。
サンテミリオンとは、フランス南西部・アキテーヌ地方・ジロンド県の都市ボルドー近郊の町です。
赤のフルボディ。価格は約3000円。
品種は、メルロー 85%、カベルネ・フラン15% 。(サンテミリオンは 粘土質の土壌に合ったメルローと石灰質の土に適したカベルネ・フランが主体)

J.P.ムエックス社のサンテミリオンはJ.P.ムエックス社のあるリブルヌ市から西数キロにあるサンテミリオンAOCのワインブランドです。
 
カシスやシナモンの香り、豊かなコクと滑らかな口当たりに張りのある酸が特徴的でした。

ランキング始めました♪

posted by: 白木浩二 | ワイン | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) |-